~バガン便り~

バガンにあるサラトラベルの情報発信ブログ

観光情報

10月からのビザ免除の現金所持要件が不要に

先日発表された日本人のビザ免除の条件として、「1000米ドルを所持していること」というのがありましたが、(案の定)早々と不要となりました。 現地の旅行会社として考えますと、パッケージで申し込んだとしたら、どうやって1000ドルも使うのだろうかと最初…

正式決定!10月から日本人は観光ビザが免除に

2018年8月2日 追記:要件となっていた1000米ドル所持が不要となりました。 saratravel.hatenablog.com ミャンマー旅行業協会(UMTA)は、観光省の公式文書として、2018年10月から日本国パスポートを所持する者は観光ビザを免除されると発表しました。 現在わ…

ヤンゴン空港発着ターミナル変更のお知らせ

2018年7月現在ヤンゴン国際空港の国際線発着は、ターミナル1とターミナル2を使用していますが、今月中にほとんどの便をターミナル1(新ターミナル)に移行させる予定だということです。 現在までにターミナル1発着に変更した航空会社は以下の通りです。ノッ…

★速報★ 9月からバガンのパゴダへの登楼再開へ

バガンのパゴダ・寺院を管理する文化省考古学局のアウンアウンチョー氏は、2018年9月よりバガンの限定された5基のパゴダに登れるよう正式に許可を出すと発言したと、全国紙ミャンマータイムスが伝えています。 www.mmtimes.com “まだどれだけの観光客を登楼…

7月からバンコクエアのマンダレー線が1日2便に

こんにちは。JALなど多くの航空会社とコードシェアを組むバンコクエアウェイズですが、2018年7月よりバンコク⇔マンダレー線を1日2便(週4日)に増便すると発表しています。 www.bangkokair.com 【バンコク⇔マンダレー線時刻】**JUL PG709 BKK-MDL 1155/1320 …

イタリアとユネスコがミャウー遺跡保護協定に合意

駐ミャンマーイタリア大使とユネスコミャンマー事務所は、西部ミャウー遺跡の保存管理に関する協定に合意したとミャンマータイムスが報じています。 www.mmtimes.com この合意は“ミャウー遺跡の保全管理や改善目的”を目指すとしており、イタリア政府から30万…

ポーウィン山のこと

バガンとマンダレーの中間に位置するモンユワは、チンドウィン川の麓にあってかつては交易の盛んな場所でした。マルコポーロが「東方見聞録」の中で、バガンの手前のくだりで“金銀の両替レートが非常によい町があって、西域からも多くの商人が集まっている”…

ミャンマーe-Visa申請に日本語ページができた!

こんにちは。現在ミャンマー観光される際のビザ取得としてもっとも便利で迅速なeVisa(オンラインビザ)ですが、言語が英語しかないのがネックでした。 ところがなんと日本語ページができてました。※言語切替は右上の方にあります。 evisa.moip.gov.mm 入管…

ミャンマー新観光法で“民泊”が実現か

新観光法施行後に、地方における民泊が許可される見通しだとミャンマータイムスが報じています。 www.mmtimes.com もし実現したら、湖上の村ステイなんてのは人気必至でしょうこの記事によりますと、観光省広報は「1993年に施行された現行法では、観光省はホ…

バガン・ニャウンウー空港国際線乗り入れを正式に認可

何度かお伝えしたバガン・ニャウンウー空港の国際線乗り入れについてですが、ミャンマー航空局が正式に認可したと、ミャンマー紙大手のミャンマータイムスが報じています。 www.mmtimes.com この中で航空局副局長のYE HTUT AUNG氏は、ヘーホー,バガン(ニャ…

■注意喚起・観光省ライセンス不所持の宿泊施設について■

お客様からのご報告で、ビザ申請時に宿泊施設名を告げたら、その施設での宿泊ではビザ発給ができないから変更するように通知されたということがありました。これは観光省登録された外国人向け宿泊施設ではないという理由かと思われますが、他でも発生してい…

大晦日・元旦のシュエダゴンパゴダ入場禁止について

今年の大みそかから元旦にかけて、ヤンゴンのシュエダゴンパゴダでは18000人の僧侶による宗教儀式が催されるため、一般参拝はできなくなるということです。ミャンマー紙ミャンマータイムスによれば、入場が禁止されるのは12月31日午後4時から1月1日正午まで…

バガンの朝日・夕日鑑賞スポット(2017年12月版)

1月27日加筆: 今年に入り制限されているバガンで登楼できるパゴダですが、現在以下の3つで登れることを確認しています。 ①DHAMAYAZAKHA②OAKE KYAUNG(ダマヤザカのすぐ近く)③SHWE GU GYI ちなみに遺跡を管理する文化省バガン支局が、近々主要なパゴダを開…

緊急のご注意・バガンの全パゴダが登楼禁止に

※12月22日追加 2017年12月現在朝日・夕日が見られる場所をアップしていますので、ご参照ください。 saratravel.hatenablog.com ※12月16日加筆 昨日突如発表されたパゴダ登楼禁止についてですが、マンダレーにて関係者が集められ事情説明が行われました。その…

バガン=シェムリアップ直行便就航を発表!

こんにちは。昨年から噂されていたバガン=シェムリアップ線就航ですが、カンボジアの一般紙クメールタイムスが、直行便と報じています。しかも運航予定はミャンマー国営のミャンマーナショナル(Myanmar National Airlines)だということです。 www.khmerti…

バンコクエアウェイズがマイレージシステムを変更

※11月10日追記:今日バンコクエアとカタール航空がコードシェア便の拡充やマイレージプログラムにおける提携を結ぶと発表しました。エティハド航空ではなくワンワールドのカタール航空だったわけですね。 ソース:Qatar and PG pair loyalty schemes : TTR W…

緊急速報・カンドージパレスホテルが全焼

※追記: 10月19日16時現在日本の報道で焼け跡から日本人男性の遺体が発見されたという情報が流れていますが、現地ではまだ日本人と断定されていないようです。いずれにしましてもご冥福をお祈りしたいと思います。 また現地の報道によりますと、ガスボンベに…

ヒルトンマンダレーが予約受付を開始!

セドナホテルからリブランドされ、ヒルトンマンダレーとなりましたが、ヒルトンのオフィシャルサイトで12月11日宿泊分からの予約受付が開始されています(2017年10月現在改装中です)。 それで料金はといいますと、もっとも安い客室で156ドル++なので、セド…

また書いてすみません!アゴダ最安値の出し方2017年10月版!

こんにちは。 ずっと前からわかっていたのですが、何度も繰り返して予約し、やはりこれが現時点の最安値だと確信しましたので書いてみたいと思います。①トリップアドバイザーで検索 ②アゴダが最安値になっていなくてもアゴダを選択(ほかのホテルを選択肢し…

センターポイントヤンゴンとマンダレーヒルリゾートがアコーホテルズに

こんにちは。 久々に大きなニュースが飛び込んできました。 ミャンマータイムズなどは3月に報じていましたが、ノボテルやソフィテルを運営するアコーホテルズがミャンマーのLP HOLDINGとパートナーシップを結び、ヤンゴン市内中心部にあるセンターポイントを…

エミレーツがヤンゴン=プノンペン線でビッグプロモーション!

こんにちは。 ワールドベストエアラインのエミレーツ航空がヤンゴン=プノンペン線の直行便を就航していますが、6月中の予約(搭乗日は12月まで)で往復USD246というエアアジアもびっくりのプロモーションを行っています。 www.emirates.com 以前就航が発表…

ヤンゴン空港ターミナル間シャトルバスを使ってみた!

こんにちは。前回国内線新ターミナルの記事を書いて、その中にシャトルバスがあるようだ(曖昧…)と書いたまま半年が過ぎてしまいました。。 saratravel.hatenablog.com で、先日やっとヤンゴンで同日乗継ぎをする機会がありましたので利用してきました。 ※…

ガパリ・サンドウェー空港が国際空港に!?

イラワジ紙によると、ミャンマー観光省は、国内随一のビーチがあるガパリの拠点であるラカイン州のサンドウェー空港(SNW)を、ジェット機材が発着できる国際空港へと拡張する方針だということです。ただし、この計画は現在検討段階にあるため確定事項とはい…

新装!黄金の塔が復活

バガンの象徴シュエジーゴンパゴダが本塔の張替を終えました。アップで見ると、金の板を打ち付けてあるのがはっきり分かりますが、上部だけでなく、塔の部分はすべて金箔でなく板のようです。すごいですね、これ。 マルコポーロが“小指の長さほどある純金を…

ミャンマーeVisaの緊急取得について

ミャンマー旅行には観光ビザの取得が必要です。 2017年現在もっともスピーディーで便利なのがオンラインによる取得です。 英語による手続きなので分からない人は【ミャンマー evisa】などで検索すると日本語による詳細な説明サイトが多くでてきますので、そ…

『特集・バガン遺跡』

執筆を担当させて頂いたヤンゴンプレス紙のバガン特集です。 写真提供は加治勝利さん・サラトラベルミャンマーです。 ヤンゴンプレス2017年3月号掲載発見ページ『特集・バガン遺跡』 上座部仏教の遺跡であるバガン遺跡は、ミャンマーの北西部に位置し、地理…

速報・ブレディとテッサワディーが登楼再開!

※掲載画像は以前のものです。 昨年8月以来登れなくなっていた2つのパゴダが本日登れるようになりました。 シュエサンドーパゴダと並んで朝日と夕日鑑賞で人気だったブレディ(BULE THI)は本体のパゴダが登れるようになりました。 ニューバガンから空港に向…

世界遺産・タイエーキッタヤー遺跡

バガンの前時代にあたるピュー王朝の遺跡がミャンマー初の世界遺産に登録されましたが、そのうちもっとも観光向きのピイのタイエーキッタヤー遺跡(スリクシェトラ)をご紹介します。 まず、バガンと気候が異なり、雨季になると遺跡がどろどろになりますので…

エミレーツがヤンゴン⇔プノンペン線の直行便を就航!

こんにちは。 機内サービスなどで世界のリーディングエアラインに必ず名前が挙がるエミレーツ航空(EK)ですが、2017年7月からヤンゴン⇔プノンペン路線の直行便を就航すると発表しています。 フライトスケジュールは以下の通りです。 ■ヤンゴン→プノンペンEK…

バガンの国際線乗り入れについて

こんにちは。 次のような記事がでました。 “マンダレー管区副首相とソムキッド・タイ副首相がバガン=タイ直行便就航を示唆” 『タイの副首相ソムキッド・ジャトゥシーピタック氏がバガンを訪問、マンダレー管区副首相ゾーミン氏と会談を持ち、バガンとタイを…