読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~バガン便り~

バガンに本社がある旅行屋のブログ

私がなぜ特定のエアラインばかり手配したがるか

こんにちは。

だいぶご無沙汰してしまいました。

手配の数が多くて、本業のはずの更新ができなくなってきてしまいました。

ですのでどうも真剣な話が多くなってしまってすみません(笑)。

 

さて、今回は次号から連載予定のヤンゴンプレス「バガン通信」の伏線なのですが、ミャンマー国内線の機材をすべて調べてみました(マニアックすぎ 笑)。航空会社の予約課はこんなこともおそらく知らないでしょう。

 

まずはご覧ください。とある日の国内線の全便の運航データです。
※EMB:ブラジル製エンブラエル  / ATR: エアバス系ATR72-500,600

※AIR BAGANは2015年8月現在機材点検のために全便運航を取りやめています。

 

便名(機体番号) 機材 経年数
     
MYANMA AIRWAYS    
UB-101/2 XY-AGP EMB 7.6
UB-111/2 XY-AGP EMB 7.6
UB-305/6 XY-AGQ EMB 6.8
UB-301/2 XY-AGQ EMB 6.8
UB-203/4 XY-AGQ EMB 6.8
UB-501/404 XY-AEZ ATR 19.4
UB-209/210 XY-AIA ATR 21.1
UB-119/120 XY-AIA ATR 21.1
UB-117/8 XY-AJN ATR 7.4
UB-106/7 XY-AJN ATR 7.4
     
AIR KBZ    
K7-222/3 XY-AJJ ATR 2.3
K7-844/5 XY-AJJ ATR 2.3
K7-234/5 XY-AMA ATR 1.0
K7-442/3 XY-AMA ATR 1.0
K7-236/7 XY-AMA  ATR 1.0
K7-255/6 XY-AJT ATR 14.4
K7-622/3 XY-AJT ATR 14.4
K7-602/3 XY-AJW ATR 0.7
K7-806/7 XY-AIW ATR 16.6
K7-206/7 XY-AIW ATR 16.6
K7-248/9 XY-AIY ATR 17.4
K7-828/9 XY-AIY ATR 17.4
     
YANGON AIRWAYS    
YH-917/8 XY-AIM ATR 19.4
YH-737/8 XY-AIM ATR 19.4
YH-826/7 XY-AIN ATR 19.3
     
ASIAN WINGS    
YJ-143/4 XY-AIU ATR 17.2
YJ-201/2 XY-AIS ATR 15.7
YJ-751/2 XY-AIS ATR 15.7
     
MANN YADANARPON    
7Y-413/4 XY-AJP ATR 1.5
7Y-241 XY-AJP ATR 1.5
     
AIR MANDALAY    
6T-451/2 XY-ALD EMB 17.4
6T-611/2 XY-ALD EMB 17.4
6T-707/8 XY-ALE EMB 16.9

 

羅列してあるだけなので分かりにくいと思いますが、新しい機材を使っているのはエアカンボーザとマンヤダナーポン航空のみです。エンブラエルは新しいものは良いですが、古いものは問題が多く指摘されています。

ATRは2005年あたりから発注数が多くなり量産体制に入りました。またそれ以降技術的にも格段の進歩を見せていて経年数が10年未満のものはそれ以降のものと思われます。

たとえば滑走路まで有視界15mでも安全に着陸が可能になるなど、それまでとはだいぶ違うようです。

機材だけみると見た目も変わりませんし、「ああ、なんかシートがくたびれてるなあ」程度にしか感じませんが、機齢20年以上で飛行機の寿命という専門家もいますし、安全性はやっぱり新しい方が良いですよね。

事故は防げるものであれば、パイロットの精神面と対応能力にかかると思いますが、それも機材の故障に誘発されることが多いのだと思います。

私がお客さんの航空券を手配するときは、消去法になってますがやっぱり新しい機材を保有するエアラインが安心感がありますよね。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村