読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~バガン便り~

バガンに本社がある旅行屋のブログ

最近有名になってきたOK EXPRESSにまた乗ってきた!

 こんにちは。

先日オフィスにお越し頂いたお客様から、「橋本さん、バスの手配をしてないって、OKバスって便利なのあるじゃないですか。言ってくださいよ」って言われてしまいました(笑)。
情報発信の甘さを再認識したわけですが、マンダレーに行く機会がありましたので、久しぶりに乗ってみました。

 

f:id:saratravel:20160130103638j:plain

 

■行程■

バガン→マンダレー(バガン出発:8時,10時,12時,15時,17時)

ニューバガン

12時30分

※ピックアップ送迎

シュエジーゴン乗り場

13時30分

※コースターに乗り換え

休憩 (5分)
休憩:食堂 (20分)
マンダレー市内

17時15分

※ピックアップに乗り換え

ホテル(王宮近く) 17時45分

 

マンダレー→バガン(マンダレー出発:5時,8時30分,13時,16時,18時)

ホテル(川沿い)

07時30分

※ピックアップ送迎

マンダレー市内

08時40分

※バスに乗り換え

休憩 (20分)
休憩:食堂 (5分)
シュエジーゴン乗り場

12時45分

※ピックアップに乗り換え

ニューバガン 13時10分

 

■バス情報■

OK EXPRESS(OKバス)

路線:マンダレー⇔バガン

料金:片道7500チャット

座席指定:可能(1人がけ席は3・6・9・12・15です)

定員:19名

ピックアップ:あり(マンダレー:市内全域/バガン:全域)※マンダレー空港不可

運行時刻:1日5便

サービス:ウェットティッシュ,ミネラルウォーター

 

 

いちばんの魅力は、マンダレーの宿泊先⇔バガンの宿泊先まで送迎つきだということです。

はじめて乗ったときは、完全にローカルバスでしたが、いつの間に有名になってしまいこの日は半分以上外国人でした。

揺れ具合は、JJ EXPRESSのヤンゴン~バガン線よりは揺れないと思います。苦痛は感じませんでした。

以前はなかったピックアップ車両が、バガンとマンダレー両方にあって、送迎してくれます。ちなみに、マンダレー→バガンはシュエジーゴンパゴダそばのバス乗り場の直前、「ここはニャウンウーです。泊まるホテル名を教えてください」と突然聞かれますので、宿を決めてない方はこの前にどこに行くか決めておく必要があります。

1日5便あって、ホテルからホテルに移動すると考えた場合、飛行機だと1時間チェックイン前なので、バガンとマンダレーのホテルからのタクシー乗車時間を合わせて合計2時間半~3時間、OKバスだと5時間となります。ですので利便性はかなり高いと思います。

ちなみに例のごとくサラトラベルでは予約を受け付けておりませんので、ホテルなどから予約されてください。

 

f:id:saratravel:20160130104810j:plain

車両はバスというかコースターです。多少くたびれてきましたが、バスと変わりません。。

 

f:id:saratravel:20160130104855j:plain

道中はローカルの風まかせの旅といった感じで、旅情があります。

 

 

f:id:saratravel:20160130104942j:plain

線路のある鉄橋を走ったりします。ちなみにいちばん前の席もお坊さんが乗っていなければリクエストできます。ふたりがけは1・2です。

 

 

f:id:saratravel:20160130105113j:plain

バガンに入る前に文化省のチェックポイントができてました。ここでバガン入域料を払わなければなりません。※20ドルまたは25000チャット(2016年1月現在)

 

 

f:id:saratravel:20160130105157j:plain

 

 

以上です。

感想としては空路との料金差を検討して、疲れたくなければ空路、予算を抑えたければOKバスでいいのではないでしょうか?

いずれにしても、マンダレーのバスターミナルまで行かなくても良いという便利さがすごく良いですね。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村