読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~バガン便り~

バガンに本社がある旅行屋のブログ

アコーのバジェットホテル“イビススタイル・ヤンゴンスタジアム”に泊まってみた

こんにちは。
開発ラッシュのヤンゴンですが、高級ホテルばかり建設予定で泊まるホテルがないという方も多いのではないでしょうか。


そこでフランスのアコーホテル系列であるイビススタイルをご紹介します。

 

f:id:saratravel:20161220211951j:plain

 

f:id:saratravel:20161220213033j:plain

 

f:id:saratravel:20161220213048j:plain

 

アコーホテルは現在東南アジアへの進出スピードが速く、またラッフルズなどラグジュアリーホテルも買収するなど非常に勢いがあります。

 

今年オープンしたイビススタイル・ヤンゴンスタジアムはロケーションがティンガンジュンと不便で、特に夕方どきともなれば大渋滞になります。そこがクリアできるかどうかなのですが、かなり快適でした。

 

まず料金はスタンダード60ドル/スーペリア70ドル(直販サイト・諸税込み)で、今回アサインされたのはスーペリア。ホテルサイトによると26㎡だということですが、もう少し広い印象です。特にバスタブが付いていて、トイレまわりもゆったりしてました。

 

f:id:saratravel:20161220212126j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212143j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212202j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212215j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212228j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212241j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212258j:plain

 

ベッドはツインをキングにしたスーパーキング、広さ的にはまったく問題ありませんでした。
またノボテルやMギャラリーを既にミャンマーでオープンさせている経験値の高いアコーだけあって、バジェットホテルでも全体のつくりは悪くありませんでした。

全体的にみると、機能性は高く、バスローブなんかは部屋に備えられていませんでしたが、高級ホテルと比べても遜色ない利便性はあると思いますし、コスパ高いと思います。

 

価格帯としてはアゴダでいう★★★のホテルグランドユナイテッドなどと同クラスになると思いますが、場所さえ気にしなければ良いと思いますし、もう2度と泊まらないというホテルが多い中で、ここはまた泊まるかなと思います。

 

ちなみに、1階にジムがあり、屋上8階には大画面のスポーツバーと景色の良いダイニングバーがあり、「あれ、郊外でもいいじゃん」と満喫してしまいました。

 

f:id:saratravel:20161220212927j:plain

 

 

f:id:saratravel:20161220212826j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212847j:plain

 

f:id:saratravel:20161220212945j:plain

 

はじまったばかりなのでぎこちないスタッフもフレンドリーで、これから慣れてくれば(サービスはまだまだという意味です)このホテルは使い勝手良いと思います。


IBIS STYLES YANGON STADIUM
369 LAYDAUNKAN ROAD, THINGANGYUN TOWNSHIP, 11071, YANGON
+95 1578101

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村