読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~バガン便り~

バガンに本社がある旅行屋のブログ

バガンの国際線乗り入れについて

観光情報

こんにちは。

次のような記事がでました。

 

“マンダレー管区副首相とソムキッド・タイ副首相がバガン=タイ直行便就航を示唆”

『タイの副首相ソムキッド・ジャトゥシーピタック氏がバガンを訪問、マンダレー管区副首相ゾーミン氏と会談を持ち、バガンとタイを結ぶ直行便就航に向けた話い合いがもたれた。また両国間の観光プロモーティングの協力を約束した』…というニュースです。

 

f:id:saratravel:20170208101248j:plain

 

※ソース:THE GLOBAL NEW LIGHT OF MYANMAR
http://www.globalnewlightofmyanmar.com/discuss-on-direct-f…/

 

さて、バガンの国際線乗り入れですが、昨年バンコクエアウェイズがバンコク⇔バガンの就航予定を組み込みましたが頓挫しました。理由は分かりませんが、路線図ではバンコク→ネピドー→バガンとなっていましたので、ネピドー線に搭乗するスーツ姿のビジネスマンと、その先のバガンまで行く短パン姿の観光客とのギャップがあったのかもしれません(笑)。

まあそれは冗談としても、ATR-72(ネピドー線はジェットではありません)の国際線での経由というのが航空会社にとってやりにくいのかもしれません。
いずれにしても、今回の話し合いは、タイトルこそバガン直行便となっていますが、あくまでアジェンダの1つに過ぎないと思います。

 

バガン直行便について、私なりに考えているのは、エアアジアは飛ばせません。なぜかというと、ジェット機しか持っておらず、現バガン・ニャウンウー空港はプロペラ機ATRまでの大きさしか発着できないからです。振動が遺跡に影響するということで、ATR-72でも悪影響がでるという人さえいます。
バガン観光にジェット機が飛行するようになるのは、おそらく戦時中に日本軍が使ってたパゴック旧空港を使うようになってからでしょう(15年後とか?)。

 

アウトバウンドが盛んになっている近隣の観光当局はそれまで待てないのでバガンに早く飛ばしたいと考えています。

いちばん簡単なのはチェンマイです。なんせヤンゴンより近いんですから(笑)。そうするとバンコクエアが一番手です。チェンマイは近隣諸国へのフライトも多いので使い勝手が良さそうですね(日本からは不便ですが)。次はルアンパバーンです。これもヤンゴンと同距離で近いです。でもプロペラ機を保有しているエアラインに限定されてしまうので、エアバスジェットしか持ってないシルクエアーなんかは飛ばせません。
AIR KBZが就航する可能性もありますが、集客力を考えるとバンコクエアしかないかもしれません。


当社のお客様の多くが、ヤンゴンスルーを考えられているようですので(笑)、私としても早く実現してほしいなと期待しています。
新着情報が入り次第お届けしたいと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村