~バガン便り~

バガンにあるサラトラベルの情報発信ブログ

ボラカイ島の6ヶ月間の閉鎖が決定

ロドリゴ=ドゥテルテ・フィリピン大統領は4月26日からボラカイ島を半年間閉鎖することを決定したと、昨日大統領報道官が発表しました。
ABS-CBNが伝えたところによると、報道官ハリー・ロケ氏は、ボラカイ島は環境汚染対策などを講じるため6ヶ月間全島閉鎖されるということです。

news.abs-cbn.com

f:id:saratravel:20180405112013j:plain2011年に1回だけ訪れたとき



すごいですね。閉鎖はほぼ決まっていたようで、ボラカイ島への入口となる空港はカティクラン空港隣接するパナイ島のカリボ空港がありますが、先月からカリボ空港への国際線が運航を取りやめているなどという情報が入っていました。
期間がどうなるかということでしたが、半年ということでやはり賛否両論あるでしょうが、ドゥテルテ大統領でないとできなかったことなのではないかと思います。

私はサステイナブル・ツーリズム(持続可能な観光)という観点からしたらしごく当然のことだと思います。どんなビジネスも栄華盛衰があり、良いときもあれば悪いときもあるでしょう。ただ、観光資源は守ろうという意思を持って実行していかないとなくなってしまうというのは、歴史が証明しています。今回フィリピン観光業や経済界から強い反発があったようですが、崇高な“きれいごと”を遂行することがどれだけ難しいかよくわかりましたね。

ただ、観光というのはもともと外的要因に大きく左右される側面を持ちますし、古くなったホテルを全館リノベーションするというのだって、営業中であれば経営陣の決断たるやよほどのことでしょう。しかもその間の従業員をどうするかというのは大きな問題となります。ヤンゴンのストランドホテルはリノベーションして長期間閉鎖しましたが、従業員の雇用は継続していましたので、「金があるとこは違うなあ」と思ったものですが(笑)、普通はできませんよね。そういう意味では今回の6ヶ月間というのは検討の上に検討を重ねたぎりぎりの期間だったといっていいでしょう。

そして、今回の大きな決断によって、6ヶ月間の閉鎖で、ボラカイ島の環境とその観光資源としての価値が何百年も伸びたのだとすると、今回の一件は後世から大いに賞賛されるべきことなのではないでしょうか。

ちなみに、タイのピピ島でも閉鎖になるようですが、こちらはたいしてニュースにならないのはいったいなぜでしょうか(笑)。どちらも同じ美しいビーチと島で、どちらが重要だということはないと思いますが、サステイナブル・ツーリズムっていうのは。


にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村