~バガン便り~

バガンにあるサラトラベルの情報発信ブログ

この13年間で29頭のイラワジイルカが死ぬ

個体数が減少しているエヤ―ワディ―川固有種のイラワジイルカ(カワゴンドウ)が、マンダレー・バモ―保護区域で13年間で29頭死んだと、保護に携わるマウンマウンレイ氏が明らかにしたと政府系新聞Global New Light of Myanmarが伝えています。

www.globalnewlightofmyanmar.com

f:id:saratravel:20180529151037j:plain



1984年以降両親とともに保護活動を行っている同氏は、2005年から今年にかけて29頭のイルカが死に、そのうち電気柵などに触れたことによるショック死で21頭が死亡したとしています。またその他もワナなどによるものだということです。


イラワジイルカはミャンマーやカンボジアなどメコン川流域に生息し、生息域が非常に狭い中で少ない個体数が確認されています。ミャンマー側では漁師の漁を助けて糧を得る“相利共生”の珍しい関係がみられることから注目されています。


一方、減少してはいるものの、6頭の赤ちゃんイルカが誕生したことも確認されていまして、保護区域が守られ増えていくといいなと願っています。海から遡っていったので当然かもしれませんが、昔はバガンにも群れでやってきたという話も残っていて、ネッシー伝説のように今でもローカナンダの先ででたとか、ニャウンウーの中州に現れたとか、目撃談が時々聞かれます(笑)。でも、いつかまた住みやすい水環境と、本当の意味での相利共生がうまれ、バガンにも戻ってきてくれるとうれしいですね。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村