~バガン便り~

バガンにあるサラトラベルの情報発信ブログ

自分でミャンマー国内線チケットを買う人はどうすればよいか?

釣りでもあおりでもなく、タイトルそのままの内容です(笑)。
今回はぶっちゃけます。そして現地を通す日本の旅行代理店さんなども意識して書きます。

私が旅行するときに、ツアーは使いません。すべて個人旅行です。
だからサラトラベルのツアーも、買い物がない、自由度が高い、朝が遅い(笑)など、自分だったらイヤなものはほとんど入っていないのですが、さらにもし自分がミャンマー国内線を手配する場合に、現地のサラトラベルは使わないのではないかとふと思ったのです。つまり個人旅行に慣れている人(現地旅行会社に慣れていない人)は自分でチケットを取ろうとする、その人たちは本当はどうすればよいのか、それを今日は書きますね(笑)。


■最重要■ メールは旅行中でもチェックする

自分でチケットを手配した場合、登録したメールアドレスに時刻変更などが来ると思いますが、ミャンマー国内線各社は前日夕方でも時刻変更を容赦なくやってきますので、必ずホテルに着いたときなどはメールを確認する。その際、hotmailやezwebの付くアドレスは使わない(ミャンマーでの不着などが多いです)。

ちなみに私の経験上、コードシェア便は事前の変更はあまりありません(コードシェアを組んでいる相手方のお客さんに気をつかってるんでしょう 笑)。今年は前日に30分以上早くしたというケースが、弊社のお客様の便だけで10回以上ありました。搭乗手続きが1時間前、30分早くなるということは、メールを見てない人が観光後そのまま空港に行ったとしたら、空港に着いたときがチェックインカウンタークローズの時間ということになり、相当焦るでしょう。
またそれ以上早くなった場合には、当然のことながら積み残しとなります。



■重 要■ リコンファームを当日する

すごい裏技ですが(笑)、ミャンマー国内線の場合いちばんこわいのは実は積み残しです(ノーショウによる)。前記した通り、早くなることが頻繁にありますし、航空会社はそれを気にしていない(搭乗客は自分らの送る緊急の連絡メールなどを全員が読んでいるという前提で決定しています)ので、空港に着くまで気をつける必要があります。

ぶっちゃけますと、ミャンマー国内線(信頼できるエアラインの場合)の時刻変更には以下のようなパターンがあります。

1.数ヶ月単位である、定期的な路線・時刻変更(タイミングによっては自分の搭乗の直前に重なることもある)
2.搭乗日1週間~1ヶ月前に起こる、搭乗率を理由とする路線・便名・時刻変更、および欠航(事前欠航はこのくらい前までです)
3.搭乗日前日~3日前に起こる、機材調整を理由とする直前の変更(欠航はほとんどありません)
4.搭乗日に起こる天候不良、機材故障による遅延および欠航(他国同様です。台風の多い日本よりははるかに少ないでしょう)

はじめて書きますが、おそらくパイロットと共通認識だと思います(笑)。で、私の知る限り、積み残しはお客さんが自分の変更になった時刻を知らないことが多いと思います(当然ながら弊社のお客様には出ません)。つまり事前の変更と、当日の変更を分けて考える必要があるわけです。そして前日までのメールチェック(航空会社のシステムエラーを片隅に置く)、そして当日朝にでもホテルなどから電話してもらい、乗る空港のチェックインカウンターに最新の時刻を確認する。これでいいと思います。

ただ、ミャンマー国内線は周遊型で、ヤンゴン→ヘーホー→バガン→マンダレー→/ヤンゴン→ガパリ→・・・という運航スケジュールが組まれているために、天気がよければ前半は貯金をつくるために搭乗客が集まったら出発する。そのために出発時刻が早くなる傾向にあります。逆に午後遅い便などはさんざん迂回してきているのでどこかで遅延が発生、出発時刻が遅くなる傾向にあります。またインレー上空で霧が発生すると全便離着陸ができなくなるので、ヘーホー経由便は、大幅な遅延が発生します。そして離着陸が可能になると、1機ずつ5分単位とかで離陸させるので、8時発も10時発も同じような時間帯のフライトとなってしまいます。

それから、フライト数の多いヘーホー空港などは、当日空港に行ってみたら、経由便になっていたとか、便名が変わっていたという当日変更が結構あります。もともと天候に左右されやすいという場所柄もありますが、注意が必要です。

話が逸れましたが、前日までのメールチェック、そして当日の電話での時刻確認(あるいは前日さらに1回電話で確認すると確実)でほぼカバーできるのではないかと思います。


■重 要■ 事前の欠航について

あくまで信頼できる航空会社を選ぶことが前提ですが、その上で事前欠航が発生した場合、以下のようなパターンが想定できます。

1.出発時刻の変更
2.直行便→経由便への変更
3.自社内での代替便振替
4.他社便での代替便振替
5.代替便なしの欠航

変更の出る確率ですが、統計をとっていませんのでまったくいい加減な数字だとして、全便の1割~2割は発生していると思います。ただ、時期に偏りがあるので、集中するときは毎日多くの便で発生します。これは、団体のキャンセルが出る年末年始や、その前後、季節の変わり目である9月・10月・4月・5月に多いです。

それで皆さんは、5.の代替便なしの欠航ばかりご心配されますが、実はこれは多くありません(信頼できる航空会社の場合です)。なぜかと言いますと、2.から4.までは実は欠航を含んでいるものの、航空会社の方で対応した結果なのです。つまり気を付けなければいけないのは、代替便がない“路線や時間帯”となります。たとえばバガン→マンダレーの夕方便など、大手でも欠航したりしますが、大丈夫なのかな?と思ったらまず他社で同じ時間帯にあるかどうかを検索し、複数組まれている時間帯を選択するというのがベターだと思います。

ただ、夕日が見たいとか、それぞれ事情や希望があるでしょうから、もし代替便のない欠航になったらどうするか、バスで移動してもいいや、車をチャーターすればいい、その日はキャンセル無料の宿にしておこう(笑)、その日だけサラで買っておこう(爆)など、ご自身の代替案があればカバーできるかと思います。


■重 要■ 当日の欠航について

前述した通り、ミャンマー国内線で起こる当日の欠航はさほど多くありません。台風が直撃すると空港閉鎖になる日本よりもはるかに少ないでしょう。
パターンとしましては、他国同様天候不良と機材故障によるものがほとんどだと思います。
で、どうなるかですが…。

天候不良で完全欠航の場合、夕方便しかないのではないかと思います。昼間の便は欠航ではなく遅延となり、ただ延々待つことになります。

機材故障の場合、機材の多いエアラインであれば回送して飛ばしてきたりします。だから運航状況の安定したところを選ぶべきなのです。お客様の報告では故障して使えず、飛行機が迂回してきて3時間後に出発できたということがありました。3時間の遅延で済めばまだましと言えるかもしれませんね。

■重 要■ 旅程に影響する場合

大幅な遅延や欠航によって旅程に影響しそうになった場合、現地の空港職員に詰め寄ってもまったく意味がありません。サラトラベルのお客様では、自身で判断してその場で同じエアラインの他便に変更するという方が何人かいらっしゃいましたが、これが正解だと思います。大幅な遅延が発生しました。でもお客さんは1本後の便に自分で変更してもうヤンゴンに向かってますという報告がありましたが、こういう迅速な判断ができると理想です。

また、返金の有無が微妙なところですが、とりあえず足を確保するという意味でバスに乗って移動してしまうという選択肢もあります。当社のお客様で実際に天候不良で全便欠航となったので、バスで向かったという方がいました。待つのがいやな私もそうすると思います。

ちなみにご存じないと思いますが、実はバガン・ニャウンウー空港からマンダレー空港までは車で3時間ちょっとです。こういう移動が1回もなかったので私自身最近まで気づきませんでした。ですので高くつきますが、旅程を優先するのでしたら、車をチャーターしてしまうという方法もあります。ちなみにマンダレー市内まで入ると5時間近くかかります。あくまでマンダレーから出国する人向けですね。


■裏 技■ 遅い便を予約して早い便に変更する

私の得意分野です(笑)。
たとえば乗り継ぎ時間の短い同日乗り継ぎを想定していて、ヤンゴン到着から国内線出発までが1時間30分~2時間という微妙な時間になったとします。積み残しが心配なので私は「リスクがあります」と言っていますが、遅い便で予約しておいて、当日チェックインカウンターに行って早い便に間に合いそうだったら、空港で変更すれば良いのです。空席があればその場でできます。なければ仕方がありませんが。


■その他■

・路線変更はできない。返金可であればキャンセルして買い直しが現実的です。
・航空会社が想定していないので、2便乗り継いでの経由というのはやめた方が良い(経由便を除く)
・事前変更は直行便→経由便への変更、経由便→直行便への変更のいずれもあります。
・コードシェア便のチケットは、1社で満席でも、運航側の方で席があったりします。
・料金設定を急に変更したりするので、早い時期に買ってものちのち高くなることもあれば、安くなることもある。
・2018年現在往復割引、周遊割引とも設定されていません。プロモでたまにありますが、これまで旅行会社向け以外にはなかったと思います。
・欧米人の搭乗手続きが早くて、希望の席が取れなかったりします。バガン発の場合観光途中で早めに1回チェックインして席を決め、それから遺跡に戻って(パヤトンズなど空港周辺)観光するなどという手もあります。

今回の情報は久しぶりに有益だと思うので(笑)、現地のツアーオペレーターさんが、サラめ余計なこと言いやがってと言ってるかもしれませんが、すみません。。



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

 

f:id:saratravel:20181012093101j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村