~バガン便り~

バガン&インレーにあるサラトラベルの情報発信ブログ

バガンでのメコンツーリズム・フォーラムが来年2月に延期

今年8月からミャンマー・バガンで開催される予定だった、メコン川流域の6ヶ国が協力して観光開発に取り組む会議、メコン・ツーリズム・フォーラムは、開催地はバガンのままで来年2月15日~16日に延期することが発表されました。

※ソース:

www.mekongtourism.org

f:id:saratravel:20200601095452j:plain

©サラトラベルミャンマー


MTCOによると、先週土曜に行われたオンラインセミナーの中で、ミャンマー観光省は新型コロナ感染が世界的に拡がる状況下でバガンに300人もの参加者を集めて開催することは難しいと、日程変更が決まったということです。
また、プレスリリースの中で、"ドーナツ経済学のようなイノベーティブなモデルによって、持続可能な観光再開に転換する機会になる"と、メコン域圏を中心にトラベルバブルを形成し、それによって観光の再開を目指すとしています。

さて、バガンの8月は雨量が東京よりも少ないぐらいで、気候的にヤンゴンやガパリ、インレーとはまったく異なりますが、ローシーズンにあたるために観光客が少ないので、こんな時期によく国際フォーラムを開くよなあと思っていましたが、ハイシーズン真っ只中の2月に変更になったということで、出席者の方にも実際のバガンがどうなのかよく見てもらえると思います。

以前書いたことがありますが、サステイナブル・ツーリズムとは、ぶっちゃけて言うと商業主義の反対、トレードオフの関係にありますので、日本の観光ビジネスが国内・海外旅行ともやってきたいわゆる大量送客の考えと相容れない部分があります。新型コロナの影響で結果的に個人旅行のニーズが増えていくものと思われますが、本当にある意味良いきっかけとなるでしょうし、アジアで進んでいく本質的な"持続可能な観光"を日本も取り入れていってほしいと思います。

■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

カタール航空、10月25日からヤンゴン線の運航を再開予定

ビッグニュースが飛び込んできました。
日本政府がタイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドからの入国制限を今夏にも緩和することを検討中で、入国条件は搭乗前陰性証明+入国時の PCR検査陰性を予定していると、今日5月31日の読売新聞の朝刊に出ているようですが、オンライン版は会員限定のために、バンコクポストで読みました。
入国制限を解除するということは、海外旅行も可能にするということでしょうから、もし同条件だとすると事前のPCR検査が必要になるということでしょうね。

f:id:saratravel:20200531114508j:plain

 

f:id:saratravel:20200531114537j:plain

©サラトラベルミャンマー


さて、カタール航空が10月25日からドーハ⇔ヤンゴン線の運航を再開する予定であることがわかりました。既に航空券も購入可能です。ただ、この10月25日からというのはタイスマイルやバンコクエアも同じなんですね。何かあるんでしょうから、今後再開予定が変更になる可能性も考えられると思います。

■カタール航空(QR)

ドーハ→ヤンゴン(10月25日から)

QR916 DOH-RGN 0815/1740 デイリー A319

ヤンゴン→ドーハ(10月26日から)

QR917 RGN-DOH 1925/2335 デイリー A319

この319のビジネスクラスというのは、(以前と同じ機材だとすれば)アジア路線で一般的な2+2の2列のビジネスではなく、おそろしくゆったりした座席配置ですごいんですよね。あれがまた飛んでくるのかと思うと本当にうれしいです。着陸禁止の延長とかは短期的な話なのであまり気にはなりませんが、このまま順調に再開までいってくれるといいなと思っています。

■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

ミャンマーの航空ニュース4本(5月30日最新)

※本記事は2020年5月30日現在のものです。最新の情報をご確認ください。


◆ミャンマー国際航空による臨時便
◆ヤンゴン空港国際線離着陸延期
◆ニャウンウー&ガパリ空港拡張計画
◆国内線コードシェア発表

f:id:saratravel:20200530130702j:plain



ミャンマー国際航空(MAI)による臨時便運航

新型コロナウイルス問題に関連し、帰国困難となっている人のために臨時便がミャンマー国際航空(MAI)を中心に運航されています。今日30日はヤンゴン(RGN)→デンパサール(DPS)→シドニー(SYD)、6月1日はシドニー→デンパサール→ヤンゴンの予定です。
なお、帰国者からの感染発覚が相次いでいることから、同エアラインの通常運航の再開予定は立っていません。ミャンマーナショナル航空(MNA)は昨日29日正式に香港線(6月17日から)およびシンガポール線(6月16日から)の運航予定が発表されました。

ヤンゴン空港国際線離着陸延期

5月31日までとなっていたヤンゴン空港の国際線離着陸禁止措置が延長され、6月15日までとなりました。ミャンマー国内の市中感染が2週間近く抑えられているものの、海外からの帰国者に新型コロナ感染が相次いでいることから、運輸省航空当局が発表したものです。なお国内バスは一部が6月1日から再開、残りが6月16日から再開予定となっています。外国人観光客の利用が多いJJ EXPRESSなどはまだウェブサイトでの予約ができない状態です。
なお、タイからの帰国がまだ3分の1程度しか進んでいないという情報もありますので、再延長となる可能性もあるかもしれません。

ニャウンウー空港&ガパリ空港拡張計画

ミャンマー運輸通信省は、バガン・ニャウンウー空港とガパリ(サンドウェー)空港を
国際線チャーター便などの離着陸が可能となるよう、今年度中に通関設備などを拡張したいと発言しています。

ただ新型コロナ問題により観光再開後にどのような路線に需要があるか国内線国際線とも現時点で判断できませんので、新規路線の就航を模索するよりも、既存の主要路線の再興を目指すことになるのではないでしょうか。さらにはお隣りのタイではタイ航空の経営破綻と、世界のワンワールドアライアンスなどとのコードシェアで強い集客力を持っていたバンコクエアウェイズがミャンマー路線を複数便運航していましたが、長距離からの搭乗客が大幅な減少が予測される中、どのような対策を取ってくるか注目されます。

国内線コードシェア発表

ミャンマー国内線では、マンヤダナーポン航空(7Y)とゴールデンミャンマー航空(Y5)が6月1日から9月30日まで共同運航を行うと発表しています。
これは現在ローシーズンですので、本来それぞれコードシェアを予定していたはずですが、ざっと見た限りでは減便が多く、コードシェアを組み替えてかなり限定した運航予定となりそうな感じです。また最大手のAIR KBZも既に減便などが多くみられますが、今年は入国制限が緩和になり観光が再開されても、国内線の運航状況が非常に細かく動きそうですので、細心の注意が必要となりそうです。

さて、以上ですが、昨日タイが7月1日から陰性証明書を義務づけることで、入国後14日間の隔離検疫を廃止するのではないかという情報が入ってきました。ミャンマーのローカルニュースなどは確定として拡散してしまっていますが、来週以降本決まりとなれば大きな話題となることでしょう。楽しみですね。

 
■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

グアムは7月1日から、サイパンは7月15日を目途に、日本人観光客受け入れへ

グアム準州のルー・レオン・ゲレーロ知事は、7月1日から日本、韓国、台湾からの観光客を隔離制限なしで受け入れる予定だと発表しています。対象となるのは、日本、韓国、台湾のパスポート保持者で、新型コロナ感染が抑制されている状況にあることから、制限の緩和に踏みきる方針なのだということです。

※ソース:

www.pncguam.com

 

f:id:saratravel:20200528174732j:plain
©サラトラベルミャンマー

ただし、フードコートやバー、パブなどは現在まだ休業中のためにすべての施設を利用できるわけではないとしています。また、レストランなども明日から営業再開が予定されていますが、時間制限がある上に、座席稼働率は50%に抑えるよう求められているということです。

なお、北マリアナ諸島のサイパン島も、ラルフ・トレス知事がグアム・デイリーポスト紙の中で、7月15日を目途に日本と韓国からの観光客を受け入れると発言しています。ただ、変更になる可能性についても触れていますので、あくまで国際線が飛ぶとしたらという前提だと思います。

結果的に緊急事態宣言が解除になったおかげで、日本は安全な国だと海外から認識されたわけで、宣言がなかったら逆に国際的に見た日本の印象も違っていたのかもしれないと思うと、不思議な感じです。いずれにしても、観光業に携わる人間のひとりとしては、希望が持てるニュースになったと思います。

■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

★速報★海外旅行は10月再開を目標、JATAアウトバウンド促進協議会

旅行業界紙「航空新聞社」のウイングトラベルによると、本日行われたJATAアウトバウンド促進協議会(JOTC)のオンラインセミナーで、菊間JOTC会長は「海外では、10月頃から日本からの海外旅行を受け入れたいとの声が出始めている。我々としては、この当たりからスタートできるように、この夏過ぎからリカバリーキャンペーンの準備が始められるように環境づくりをしていく」と発言したということです。


※ソース:

www.jwing.net

f:id:saratravel:20200527141205j:plain
©サラトラベルミャンマー

このセミナーは、海外観光33団体と日本からの海外旅行のいち早い再開を目指し協議したものだということですが、日本や世界各地の動向を考えると10月頃を目標にした方が良いと道筋を示し、今後準備をしていくのだそうです。

待ってましたという声が聞こえてくる気がしますが、いよいよですね。
10月というのは、何度もお伝えした通り、タイや台湾、インドネシア(バリやジョグジャカルタなど)も国際観光の再開時期として目標に定めていますし、インドシナ諸国あたりは乾季に入るハイシーズンにあたるんですね。準備期間としてもちょうど良いということになりそうです。

ニューノーマルの防疫体制に沿って、思い出となるより良いご旅行が速やかに開始されるといいですね。
個人的には訪日旅行よりも、日本人の海外旅行の再開時期が先にでてきたというのがうれしかったです。
次はミャンマーの良いご報告もできたらと思います。

■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

"ミャンマー観光業は再開に向けて準備中"

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、一時休止されているミャンマー観光は、各旅行会社が復興に向けて準備中であると、ミャンマー旅行業協会(UMTA)の副会長Aye Thida Moe氏が発言したと、ミャンマータイムズが伝えています。

※ソース:

www.mmtimes.com


この記事の中で、同氏は「観光業界は保健省のガイドラインに従って国内旅行からまず再開させ、各観光地の状況を踏まえつつ、受入体制を整えてから海外からのインバウンドを再開させる」と述べています。
また中国からのいわゆるゼロツアーの廃止や、これからは「量より質を重視した旅行」を安全なミャンマー観光を提供するポイントと位置づけ、進めていくとしています。

f:id:saratravel:20200526131907j:plain

©サラトラベルミャンマー


さて、だいたい中身は台湾やその他の国の方針と同じですが、具体的にいつから再開に向けて動きだすのかについては書かれていません。今月末あたりに観光省が観光復興モデルを打ち出すと言っていますので、それを待ちたいと思います。
また、ミャンマー人はガパリビーチにはあまり行かないなど、ミャンマーは国内旅行と外国人のデスティネーションとしての価値が異なる国なので、その辺がネックです。ただニュースがでてきただけで吉報ではあります。


いずれにしても、ミャンマーでもようやく観光再開に関するニュースが出たのでほっとしています。5月26日現在、ミャンマー国内での感染者数は計203名(うち回復者123名)、死亡者6名となっております。国内での感染者はほぼ抑えられていますが、帰国者の感染判明が断続的に続いています。ただ隔離施設でのことなので市中に拡がらないと思われます。

■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村

台湾の「防疫旅行」は早くも需要回復、2段階目は7月に前倒しも

新型コロナ対策が功を奏し、観光再開振興策についても世界の注目を浴びている台湾ですが、防疫生活が機能しており、予想よりも順調に観光地の利用客数が回復していることから、交通部観光局は8月1日から開始するとしていた2段階目の「安心旅行」を前倒しして、7月1日から始動させたいと説明しています。6月上旬に衛生福利部(保健省)が感染状況を見てから判断するということです。6月下旬の端午節の連休にはツアーやホテルの予約率が既に7~9割に達しているのだということです。


f:id:saratravel:20200514131316j:plain
画像:台湾交通部観光局


※ソース:聯合新聞網 「安心旅遊 7月搶先推」

udn.com


国内の新規感染がゼロの状態である台湾ですので、安心旅行までスムーズにいきそうな気がしますが、問題なのは海外から訪客を受け入れる際にどのような措置や条件でもって入国を許可するのかという点です。台湾観光局は10月1日から再開予定の国際旅行についても、特に個人旅行は早い需要が見込めれば緩和が前倒しになる可能性があると言っていますので、注目していきたいと思います。

なお、現時点で台湾以外にタイとインドネシア(バリやジョグジャカルタなど)で10月からのインバウンド再開を目指していることが分かっています。ただ入国後の隔離が少しでもあると、旅行期間の短い日本人観光客としてはなかなか行こうとはならないと思います。

さらに言うと、トラベルバブルというのは感染抑制国同士でバリヤーを張って感染を防ぐということなので、バンコクやシンガポールなど経由便の多い空港での乗継ぎというのは不安ですよね。その辺がクリアにならない限りは直行便の需要が増えると思いますし、LCCやハブ空港がどのような対策をとってくるかが重要なポイントになってくると思います。

■元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp



にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ

にほんブログ村