~バガン便り~

バガンにあるサラトラベルの情報発信ブログ

バンコクエアウェイズがバンコク⇔バガン直行便就航を模索

久々にこの話題が出てきましたが、あまり同じ話題書くと「本田〇〇移籍か?」の類いと一緒になるので(笑)、続報は進展してからにします。

ミャンマータイムズが報じたところによりますと、バガン遺跡がユネスコ世界遺産に登録を果たしたことで、タイのバンコクエアウェイズがバガン⇔バンコクの直行便就航を再検討しているということです。同エアラインのバロン・イスラセナ営業担当副社長によりますと、バンコクからバガンだけでなく、インレー観光の拠点ヘーホーや、メルギー諸島のメイクへの直行便就航を検討しているのだそうです。

www.mmtimes.com

f:id:saratravel:20190709131047j:plain



さて、バガンだけでなく、という時点でまだ具体性はないと思います。そして、バガン・ニャウンウー地区に支店ができてからという気はしますが、問題は機材をどうするのかです。バンコクエアの使用機材は、ヤンゴン線がATR76とA320、マンダレー線がA320、ネピドー線がATR76です。またチェンマイからは2路線ともATR76です。
つまり、バンコクエアは搭乗率に応じてはっきり使用機材を使い分けています。そして、バガンはバンコクから距離があるのでプロペラ機であるATR76では航続距離が長すぎます。しかし、A320はまだ発着できないと思います。ここがポイントです。

私は一昨年から報道されているJICAのバガンの滑走路拡張工事の進捗を見ていますが、遅々としてまったく進んでいる気配がないのです。

またバガン・ニャウンウー空港は運営権をマンダレー空港と同じくMJAS(三菱商事とJALUXの合弁事業)が取得しているようですので、バンコクエアの就航はうってつけのはずです(JALとバンコクエアは多くの便で共同運航しています)。

耳にしている話では、空港周辺に悪影響を与えるおそれがあるので現状のままではジェット機材の離発着はできないということですので、まずは拡張工事、そしてMJASによる空港内の整備、そういった流れで国際線就航が可能になると考えていますが、何か日本サイドで問題があるのでしょうか…。

いずれにしてもバンコクエアも魅力的な路線だと言っていますし、観光客にとっても利便性が格段にあがるものですので、いち早い就航が待たれるところですね。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

★速報★バガン遺跡が世界遺産に登録!

現在アゼルバイジャンで行われているユネスコの世界遺産委員会で、本日バガン遺跡が世界文化遺産に登録されることが決定しました。

f:id:saratravel:20190706171638j:plain

前回登録を目指して「情報照会」と決議されてから、実に24年越しの登録を果たしたことになります。
周辺と異なり、年間を通して雨量が少なく朝日と夕日の名所となっていることからも、今後観光客が増加するのは確実視されています。

f:id:saratravel:20190706203609j:plain


ただ今回条件付けされたとみられる、オールドバガンの高級ホテルの移転や、地元住民の生活権の保護など問題は山積みで、最近では珍しい後発登録された“本命の世界遺産”として、過去の観光地化による反省を踏まえ、どれだけその弊害を食い止め、観光だけでなく、宗教的・文化的価値を保っていけるかが問われていくと思います。

日本のJICAは3年間のバガン観光開発プロジェクトで、トップダウンという手法によりパイロットモデルを上から指導しようとしましたが、地元の猛反発でまったく効果をあげることができませんでした。ですが、仮にもしJICAが調査報告でも使っている“裨益”という言葉通りに、地元住民の目線で、話し合いを持ちプロジェクトを進行させていっていたら、私は間違いなくうまくいったであろうと思っています。

f:id:saratravel:20190706171718j:plain

現在まで連綿と受け継がれてきた信仰の対象であるという世界的にも稀有な存在であるバガン遺跡が、今後どのような価値をもっていくのかは、まさに私たち次第なのではないでしょうか。

アノーヤター王がバガンに王都を築いてから1000年近くが経ちますが、田舎の農村であったバガンをマンダレーやインワ、バゴー、ヤンゴン、ネピドーと、時の権力者がこぞって寄進、修復を行ってきました。

それは、宗教的価値と同時に、権力者たちが、「バガンを修復すれば、わが国の繁栄が約束される」と信じてきたからです。そのためにバガンは千年にわたって特に主要なパゴダ・寺院はきれいな状態が続いているのです。

今回世界遺産になったことで、バガン王朝から1000年後に大切な聖地をわれわれが滅ぼしたと後世言われないよう、本当の意味でバガンの価値が損なわれないよう、引き続き守っていかなければならないと思うのです。

※元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

 

 

バガンのプリペイドSIMはテレノールで決まり!

こんにちは。
よくお客さんから聞かれるのは、「バガンでインターネットをするのにどの携帯SIMが良いですか?」ということです。

f:id:saratravel:20190627194104j:plain

この答えは簡単でして、バガンではテレノールがいちばん安定しています。
これまでずっと使ってきましたが、日本のKDDIが事業提携するMPTよりもはるかに良いです。

f:id:saratravel:20190627194405j:plain

www.telenor.com.mm



私は業務で24時間ネット接続する必要がありますので、SUBOOというデータ通信パッケージを利用していますが、たとえば4GBのプランで4000チャット(約330円/2019年6月現在)とコスパは高いです。タイで東南アジア旅行向けの国際SIMが発売されましたが、少なくともミャンマー旅行(バガンメイン)だけであれば、動画も見れますし、テザリングも不快なく動きますし、テレノールで問題ないと思います。

ちなみにプリペイドSIMは携帯ショップや空港カウンターなどで購入可能で1500チャット(全タイプ共通)です。それに直営カウンターでは口頭で伝えればチャージできます、町中ではプリペイドカード(フォンカードと呼びます)1000チャット/5000チャット/10000チャットなどがあります。
設定やリチャージは他国同様なので、いずれも難しいことはないと思います。

2013年頃はSIMを買うのに他人名義の登録済のものしかなく、MPTのGSMで12万チャット~、CDMAで8万チャットと、べらぼうに高価なものでしたが、いまやミャンマーも普通の国になりましたね(笑)。

※元記事:

tokuhain.arukikata.co.jp

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

 

 

トリップアドバイザーでハッキング被害が続出

世界的に利用されている観光関連口コミサイトのトリップアドバイザーで、ログインができなくなるハッキング被害が海外で相次いで報告され、欧米の観光サイトでログイパスワードの変更を促す記事が出されています。

loyaltylobby.com

f:id:saratravel:20190626164315j:plain

 

トリップアドバイザーから公式に発表はまだなく、また日本でも同様にログインできなくなるなどの被害が発生しているかどうかも分かりませんが、クレジット決済されたことがある方などは念のためにパスワード変更されておいた方が宜しいかと思います。

なお、トリップアドバイザーにつきましては、日本サイト独自の運営をはじめてBtoBサービスに力を入れたために、広告なのか口コミなのか非常にわかりにくくなっているようです。またお客さんからも問い合わせをしても返事がないなどという話を聞きますので、以前の純粋な口コミサイトから商業サイトにどんどん変化していっていると思います(トリップアドバイザーに限ったことではありませんが)。

また本記事の引用元サイトでも、トリップアドバイザーはフィッシング被害防止などの対策が不十分であり、その上自動メールだけの対応で済まそうというのはどうかと思うと書かれていますので、メジャーなサイトだからと言って過信せず、被害にあわないために最低限の対策は自分でできるようにしておいた方が良いということだと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

 

 

観光省がチャット取引の徹底を呼びかけ

ミャンマー観光省は、航空会社など観光関連企業に対し、米ドルでなくミャンマー通貨で取引するよう催促状を出し徹底を呼びかけたと、ミャンマータイムズが伝えています。

www.mmtimes.com

f:id:saratravel:20190624165038j:plain


さて、サラトラベルは小さな旅行会社なので結局どちらでも構わないのですが(売上金入金=即支払、あるいはデポジット払込のため為替の影響を受けません)、私の会社の主要取引先のバガンでの支払通貨一覧は以下の通りです(あくまでバガンからの支払方法です)。

■エアライン
A: USD現金のみ
B: チャット送金
C: USD現金のみ(1000ドル単位!)

※バガン支店での予約発券を除きます。

■ホテル

1)バガンのホテル
A: USD現金のみ
B: USD現金のみ
C: USD現金のみ
D: USD現金のみ
E: USD現金のみ…  笑

※ミャンマー国籍の宿泊を除きます。

2)インレーのホテル
A: USD現金のみ(バガンの姉妹ホテルでの支払い)
B: チャット送金
C:ドル・チャット送金

3)ゴールデンロックのホテル
A: チャット送金のみ(レート悪)
B: チャット送金のみ(レート悪)
C: チャット送金のみ(レート良心的)

■車両手配
※すべてミャンマーチャット送金および現金払い

■気球
A: USD現金
B: USD現金・USD送金
C: USD現金

※気球に関してはチャットでは受け付けないのか正確に把握しておりません。確認しておきます。

 

■クルーズ
A: USD現金・チャット現金
B: USD現金のみ
C: USD現金・チャット現金

以上です(笑)。
こうやって改めてみてみると面白いですね。国内線航空会社なんか、システム上に1ドル=〇〇チャットって換算レートが表示されるにも関わらずドルじゃないとだめとか言われますので(笑)。

私にとっては、こうやってバガンにいながら支払いが完全にできているという事実で十分なので(2014年頃はヤンゴンの他社さんは、バガンのサラはどうやって支払いをしているんだ?と思っていたと思います。今だから言えますが、支払いを完璧にできる体制をつくったというのがぶっちゃけ当社の生命線でしたから)、取引先さんがきちんとミャンマー通貨での支払いを受け入れてくれればいいのですが、ひどいレートをつけられて喧嘩したなんてのは何年ものあいだ日常茶飯事でしたから(笑)、この記事の問題などは現在ほとんど影響を受けません。

ひとつだけ言ってしまうと、バガンタンデホテルのタンデグループなんか、2013年ごろレートが1ドル=970チャットとかでしたが、1150チャットとか言ってきて、予約入ってるからキャンセルできないし、しかも送金できないから、バスでヤンゴンに行ってぼろい事務所の2階まで払いに行ったりしてました(笑)。だからそういうひどい行為がなくなっただけまだましです。

でも、ドルがまかり通っていてまだ安定していないミャンマーチャットを使いたがらないホテルやエアラインの気持ちも分かる気はしますので、なかなか難しい問題ですねこれ(他人事ですが 笑)。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

 

 

ミャンマーナショナル航空の巨額赤字

ミャンマーのフラッグキャリアであるミャンマーナショナル航空(MNA)が、企業化され国際線を就航したにも関わらず、2016年からの経常損失が1370万米ドルになる見込みだと、航空情報サイトSmart Aviation Asia-Pacificが伝えています。

smartaviation-apac.com

f:id:saratravel:20190620085303j:plain


この記事の中で、その理由を整備費用の高騰や従業員コストの負担によるものだとしていますが、新機材導入のために中国から借り入れた5430万米ドルにものぼるローンの利息なども重くのしかかっていると書かれています。

同エアラインは2015年から国際線運航に進出、香港や成都、シンガポール、バンコク、チェンマイ、プーケットに就航しましたが、定期運航の糸口は見えず、いつ乗れるのかはっきり予定が組めないというのが実感です。

ミャンマーのエアラインを取り巻く環境は今後過酷なものにならざるを得ないでしょう。まず観光客増加を見越して、新規の国内線運航会社が乱立したあとで一気に搭乗客数が減少、それによって多くの新規参入キャリアが撤退、以前からあったエアバガンやエアマンダレーも運航を取りやめています。

さらに国際線は周辺国には既に欧米とのコードシェアで強い集客網を持つバンコクエアウェイズや着々とルートを増加させているエアアジアなどが根を張りめぐらしていますので、そこに割って入っていくのは相当難しいと思います。またバガンやヘーホー、ガパリあたりに国際線発着ができるようになると、もうアウトですよね。

今後は国内旅行向けに鉄道利用も期待されていますので、ミャンマーナショナル航空が体質改善したとしてもどこに販路を求めていくのか不透明なところです

ちなみに先日日系メディアで同エアラインが民営化するという報道をされていましたが、どこがソースなのか分かりませんが、競争力という意味ではミャンマー国際航空(MAI)と合併しちゃった方が良いのではないでしょうか?

AIR KBZもころころ時刻変更をするようになり、2014年頃の方がまだましでした。運航自体はまともだけどアメリカの制裁を受けていて運営に支障があるヤンゴンエアウェイズといい、こうなったら国際線を1社、国内線を2社ぐらいにまとめてやり直した方がいいのではないかと思ってきます(笑)。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

 

 

国立ジオパークに5地域を指定

ミャンマー科学振興会のタン・トゥン氏はポッパ山(マンダレー管区)、インドージ湖(カシン州)、インレー湖(シャン州)、ティンタウン湖(ザガイン)、ズエガビン山(パアン)の5つを国立ジオパーク(地質公園)に指定し、最初にポッパ山を今年中に指定する予定だと発言しました。

ソース:

www.mmtimes.com

f:id:saratravel:20190615064033j:plain


ミャンマータイムズの記事の中では同氏は、既に調査を完了していて現在認可を待っているのだということです。またその後、ポッパとバガン地区をひとつにして、同じカテゴリーにあるユネスコ世界ジオパークへの登録を目標としていきたいと意気込みを語っています。

さて、まもなくバガンも世界遺産登録を果たしそうだと各紙で報道されていますが、このジオパークもそうですが何のために国際的な遺産登録をさせたいのか、またそのあとどうしていくのかという計画と実施がもっと大事だと思います。

実際ユネスコはオールドバガンの遺跡保護地域にある5つのホテルとビューイングタワーの撤去または移設を条件づけるという発言もあり、「こんなことならやめておけばよかった」ということだけにはならないよう、各所協議して進めていくべきではなかったかと思います。

特にオールドバガンのホテルは日系のホテルも含まれていますが、明白に半永久的な売上(他地区のホテルと比べロケーションがあまりに違うので永久的に差別化される)があがる場所から、普通の場所に誰が移ってあげると言うのか、そこには景観保護など崇高な目的がないとできないと思います(ホテルにないと言っているわけではありません)。

さらにバガンホテル・リバービューなどは先日タイのセンタラホテルグループにリブランドすると発表されたばかりです。実際世界遺産になって、数年以内に移転しなけらば遺産登録を撤回するとなっても、このホテルたちは、まったくお構いなしでしょう(実際世界遺産登録に反対しているホテルもあります)。

あまりに複雑な存在価値があるバガン遺跡ですが、私はもし膠着状態に陥ったら、バガンを一旦お寺さんに返すというのがもっとも相応しいかなと思いますが、まあ実現はしないでしょうね(笑)。

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村